window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-136411088-1');
本研究会は、お陰様をもちまして、盛会のうちに会を終了いたしました。ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました関係者の皆様に深く感謝いたします。

開催要項

対象
MECHANICAL FINDER ユーザー様
MECHANICAL FINDER 購入をご検討中、またはご興味をお持ちのお客様
日時
2011年8月27日(土) 13:20 – 17:00(受付 13:00 – 13:20)
会場
東京国際フォーラム G棟(ガラス棟)会議室 409号室
東京都千代田区丸の内3-5-1
費用
無料
定員
80名(先着順・ユーザー様優先)
※同業他社の方のお申し込みはご遠慮ください。

プログラム

13:00 – 13:20受付
13:20 – 13:30開会の辞
13:30 - 講演1
骨密度生涯方程式の基礎理論とその応用-正常大腿骨と人工股関節ステム置換後のMECHANICAL FINDERを用いた経年的3次元骨密度シミュレーション-
月僧 博和
福井医療短期大学
13:50 – 講演2
筑波大学スポーツ医学研究室での取組 -スポーツ動作における関節応力の検証-
村上 憲治sup>1)、石井 壮郎2)、福田 恵子3)、宮川 俊平4)
1) 筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学専攻、2)守谷慶友病院整形外科、 3)筑波大学大学院人間総合科学研究科疾患制御医学専攻運動器系制御医学分野、4)筑波大学大学院人間総合科学研究科
14:00 – 講演3
インプラントアンカーを利用した臼歯遠心移動の有限要素解析
富塚 慶徳1)、梅崎 栄作1)、松井 成幸2)、駒澤 大悟2)、須田 直人2)
1)日本工業大学 2)明海大学歯学部形態機能成育学講座歯科矯正学分野
14:10 – 講演4
大腿骨転子間骨折固定術におけるスクリューの緩み評価について
坂本 二郎1)、前中 健佑2)、日垣 秀彦3)
1)金沢大学理工研究域機械工学系、2)金沢大学大学院自然科学研究科、3)九州産業大学工学部バイオロボティクス学科
14:20 – 講演5
同一のDICOMデーターから構築した3次元有限要素モデルとインプラントシミュレーションモデル
樋口 大輔、石浦 雄一、山口 菊江、小溪 徹彦、尾関 雅彦、馬場 一美
昭和大学歯学部歯科補綴学教室インプラントセンター
14:30 – 講演6
人工股関節置換術後1年におけるステム周囲骨密度と応力の変化
池 裕之、稲葉 裕、小林 直実、平田 康英、齋藤 知行
横浜市立大学整形外科
14:40 – 講演7
上顎中切歯傾斜角が異なる三次元有限要素モデルにおける荷重時の応力分布の違い
駒澤 大悟1)、松井 成幸1)、大塚 雄一郎1)、櫻井 洋介1)、神原 学1)、須田 直人1)、富塚 慶徳2)、梅崎 栄作2)
1)明海大学歯学部形態機能成育学講座歯科矯正学分野、2)日本工業大学
14:50 – 講演8
変形性股関節症における18F-Fluoride PETの集積と有限要素法による応力集中の関連
平田 康英、稲葉 裕、小林 直実、池 裕之、齋藤 知行
横浜市立大学 整形外科
15:00 – 15:15 休憩
15:15 – 15:30
MECHANICAL FINDERを使った解析モデル作成のテクニック
株式会社 計算力学研究センター
15:30 – 講演9
大腿骨頭壊死の患者別力学解析について
福田 恵子1)、坂本 二郎2)、坂野 充3)
1)筑波大学大学院人間総合科学研究科疾患制御医学専攻運動器系制御医学分野、2)金沢大学理工研究域機械工学系、3)金沢大学工学部人間・機械工学科
15:40 – 講演10
3次元有限要素法によるインプラント傾斜埋入下顎骨モデルの応力解析
仲井 太心1、坂本 太郎1、越智 守生1、東藤 正治2、但野 茂2
1)北海道医療大学歯学部口腔機能修復・再建顎系クラウンブリッジ・インプラント補綴学分野、2)北海道大学工学部工学研究科人間機械デザインシステム
15:50 – 講演11
現状の人体損傷評価と有限要素解析を用いる有効性について
伊藤 安海、根本 哲也、久保田 怜、石川 耕介、原田敦
独立行政法人国立長寿医療研究センター
16:00 – 講演12
性別が異なる無歯顎症患者に対するインプラント治療の力学的検討
荒平 高章1)、東藤 貢2)、松下 恭之3)、古谷野 潔3)
1)九州大学総合理工学府、2)九州大学応用力学研究所、3)九州大学歯学研究院
16:10 – 講演13
人工股関節置換が大腿骨に及ぼす力学的影響について
福岡 航世1)、東藤 貢2)、中島 康晴3)、岩本 幸英3)
1)九州大学総合理工学府、2)九州大学応用力学研究所、3)九州大学整形外科
16:20 – 16:30
MECHANICAL FINDER New Lineupのご紹介
株式会社 計算力学研究センター
16:30 – 16:50
MECHANICAL FINDER 質疑応答
16:50 – 17:00閉会の辞

※都合により一部変更になることもございます。

過去のユーザー研究会

2019-04-11T16:20:43+09:008月 27th, 2011|Categories: ユーザー研究会|
Go to Top