window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-136411088-1');

ユーザー研究会 2013

本研究会は、お陰様をもちまして、盛会のうちに会を終了いたしました。ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました関係者の皆様に深く感謝いたします。

開催要項

対象
MECHANICAL FINDER ユーザー様
MECHANICAL FINDER 購入をご検討中、またはご興味をお持ちのお客様
日時
2013年8月17日(土) 13:00 – 17:00
会場
UDX GALLERY NEXT-1(4F)
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
費用
無料
定員
80名(先着順・ユーザー様優先)
※同業他社の方のお申し込みはご遠慮ください。

プログラム

12:30 – 13:00受付
13:00 – 13:10開会の辞
13:10 - 講演1
固体力学の基礎と骨解析への応用
東藤 貢
九州大学応用力学研究所
13:20 – 講演2
人工関節置換が大腿骨の応力場に及ぼす影響について
東藤 貢1)、福岡 航世2)、中島 康晴3)
1)九州大学応用力学研究所、 2)九州大学大学院、 3)九州大学整形外科
13:30 – 講演3
壊死大腿骨頭における座屈を考慮した骨折メカニズムの検討
坂本 二郎
金沢大学理工研究域機械工学系
13:40 – 講演4
有限要素法を用いた腰椎椎弓根スクリューの固定強度の検討 ―cortical bone trajectoryと従来軌道の比較―
松川 啓太郎
防衛医科大学校整形外科
13:50 – 講演5
異なる材料定数を持つブラケットにおける応力分布の違い
駒澤 大悟1)、松井 成幸1)、須田 直人1)、渡部 茂1)、横山 貴之2)、梅崎 栄作2)
1)明海大学歯学部、2)日本工業大学工学部
14:00 – 講演6
テーパーウェッジ型ステムを用いた人工股関節全置換術後の応力分布に髄腔形状およびステムサイズが与える影響
大庭 真俊、池 裕之、稲葉 裕
横浜市立大学医学部整形外科
14:10 – 講演7
Low profile iliac screwを用いた腰仙椎固定術の刺入軌道と生体力学的検討
高石 官成
東京医科大学医学総合研究所硬組織分化制御学講座
14:20 – 講演8
非線形骨折解析による脊椎後方固定術の力学解析
野呂 健太、田原 大輔、辻上 哲也、岡本 義之、村上 英樹
龍谷大学理工学部機械システム工学科
14:30 – 講演9
Evaluation of clinically succeeded and failed orthodontic mini-implants with finite element method.
Albogha Hassan1)、高橋 一郎1)、北原 亨1)、 東藤 貢2)
1)九州大学歯科矯正学、2)九州大学応用力学研究所
14:40 – 講演10
前腕骨骨幹部骨折 locking plate 使用例における抜去後の骨強度変化 −CT/有限要素法による検討−
小川 泰史
千葉大学大学院医学研究院整形外科学
14:50 – 講演11
肩腱板修復術後における応力分布の検討
佐野 博高
東北大学医学部整形外科学分野
15:00 – 15:20 休憩
15:20 – 講演12
3次元有限要素法を用いたインプラント本数および配置が骨に与える影響の解析
石川 昌洋、仲井 太心、坂本 太郎、越智 守生
北海道医療大学歯学部クラウンブリッジ・インプラント補綴学
15:30 – 講演13
PTH 製剤投与によるPedicle screw 固定性の変化 ~CT ベース有限要素解析による評価~
中田 幸夫
公益社団法人北海道勤労者医療協会 勤医協中央病院整形外科
15:40 – 講演14
寛骨臼回転骨切り術の回転角度変化による寛骨臼部応力のシミュレーション
池 裕之、稲葉 裕、小林 直実、大庭 真俊、平田 康英、富岡 政光、齋藤 知行
横浜市立大学整形外科
15:50 – 16:10質疑応答
16:10 – 16:40
MECHANICAL FINDER CLINIC リリース発表
16:40 – 17:00
MECHANICAL FINDER 質疑応答
17:00 – 閉会の辞

※都合により一部変更になることもございます。

過去のユーザー研究会

2019-04-11T16:21:30+09:008月 17th, 2013|Categories: ユーザー研究会|
Go to Top